バケツ稲 脱穀・もみすり

船橋市の酒井行政書士事務所 補助者のおふくろです。

やっと収穫までこぎつけたバケツ稲。(その時の記事はこちら

しばらく干したので、脱穀です。

割りばしを割らずに間にはさんで脱穀してみましたが、結構飛び散ります。

子供は手でやった方が早い!と言っていました。

脱穀した物をひとつまみ、すり鉢に入れてもみすりです。

軟式の野球ボールがほどよい力でできるようですが、なかったのですりこぎで。

最初はたくさん入れていたのですが、すりずらい上に、別れたもみ殻と玄米の見分けがつかず、取りずらい事に気づき、少しずつにしました。

で、私と子供、子供の友達の四人で三十分以上頑張って取れた玄米がこれだけ。

子供は飽きてしまい、最後は私だけの頑張りですが。

まだ残っていますが、気力が残っておらずこの日はここで終了。

大変な作業です。